第59期 林奈南さん

合格した自治体:長野県小学校・名古屋市小学校

◆教員を目指したきっかけ

1年生の時から続けている学童のアルバイトをする中で、小学校段階の基礎教育の重要性を実感し、これからの複雑な社会の中で活躍していく子どもを育てたいと思い、教員を目指しました。さらに、文理学部では、玉川大学と連携しており、小学校の2種免許が取得できるため、その制度を利用し、小学校教員を目指しました。

◆入学後、教員になるために取り組んだこと

積極的にボランティアに参加したり、教職インターンシップに参加しました。これらは学校が斡旋してくれたり、教師を目指す人に対し募集があるため、活用しました。

◆教員採用試験合格のための準備、対策

私が対策していたのは主に2つです。1つ目は、文理学部にある教職センターで論作文や面接の指導をしていただいたことです。自分の受験する自治体の過去問などから指導をしていただき、実力をつけました。
2つ目は、対策講座として開講されている「東京アカデミー」を受講したことです。筆記試験に関する学習は主にこの講座で勉強をしました。

◆目指す教員像

子どもたちに寄り添うことができる教員になりたいと思っています。グローバル化や情報化など日々変化していく社会の中で子どもたちが生き抜いていくために、子どもの考えをを尊重し共に成長しあえる教員になりたいと思っています。

◆大学で印象に残ってる行事や教員になるきっかけになった授業

「スポーツ実習」です。水泳、陸上、器械体操など様々な種目の基礎知識を学ぶことができると同時に、教壇に立った際の授業の組み立て方を学ぶことができました。
また、ゼミナールの授業では一つの授業に関して考察し、他の学生と意見交換をすることで深い授業研究を行うことができました。

◆教師を目指す後輩たちにメッセージ

文理学部体育学科では、教員になるためのサポートが充実しています。教職センターでは、個々に応じたきめ細かい指導を行なっていただけます。
また、共に教員を目指す仲間がいるので、情報交換等をしながら学べる環境が整っています。