沿革

体育学科の創設のその意義

昭和33 年1 月10 日、既設の文学部各学科に新設学科として教育学科(教育学、体育学)、地理学科、数学科、物理学科を加えた文理学部が認可され、世田谷の教養部に代って文理学部が誕生、昭和33 年4月から日本大学文理学部教育学科体育学専攻の課程が発足したのである。

新教育制度は、教員養成を専門職業教育の一つである師範教育から一般教養を重視する大学教育へと転換させた。これにともない、一般師範教育以上に特殊化していた体操教員の養成も大学教育の課程と位置づけられ、新制大学の発足とともに、まず昭和24年に東京大学教育学部体育学科と東京教育大学体育学部の体育学科と健康学科、ならびに日本体育大学体育学部体育学科の開設が認められた。しかし、日本体育大学の場合は、物的条件のみならず「尚教員組織についてはその充実に至るまでは本委員会に協議しなければならない」と付帯条件付きであったように、旧制度下の体操教員養成機関が体育教員養成の_ 年制の大学専門教育として認知されるのは容易なことではなかった。昭和26年開設の順

昭和34年当時の文理学部キャンパス

天堂大学体育学部の場合は、医科大学を母体とする医科学色の濃い体育学の充実を強調している。

以後、本学体育学科開設に至る昭和33 年までに創立された体育専門課程は、大阪教育大学保健体育教員養成特別課程(昭和29年)、天理大学体育学部(昭和30年)の2大学にすぎない。

そして、昭和33 年に日本大学文理学部教育学科体育学専攻の課程が、国士舘大学体育学部と広島大学教員養成課程の特別教科としての保健体育とともに認可、開設されることとなり、以後、4 年制体育専門課程の新設ならびに学科創設が急増するのである。

したがって、本学体育学科の創立は、既存の専門学校を新制大学に移行するための過渡期での現象ではなく、本格的に大学専門教育として体育が認知されるようになった当初の事例であり、かつ総合大学、とくに文理学部の中に位置づけられたことは、数ある体育だけの単科大学、学部、あるいは教員養成大学の特別課程のいずれと比較してみても、明らかに本学体育学科の一大特色なのである。

とくに教育学科の一専攻と位置づけられながら、体育学のほかに、レクリエーション、健康教育のコースを設置したことは、その後の他大学の学科増設の例から見ても、体育学の将来を洞察しての卓見であったと指摘できる。

平野平三 日本大学名誉教授,「学科創設の思い出」より。「体育学科50周年史」,平成20年8月

体育学科の沿革

年号事          項
明治22日本大学(日本法律学校)創立
明治34文理学部(高等師範科)創設
昭和27( 第1) 体育館落成
昭和32日本大学企画委員会第1 部会専門委員会、世田谷教養部に体育学科を含む文教学部( 仮称) の設立を議す「文理学部増設認可申請書」を提出・
昭和33教育学科体育学専攻( 定員80 名) を含む文理学部増設認可される。第1 期生入学式4 号館( 現3 号館) 完成。体育学研究室開設。第1 回文理学部体育大会を( 旧) 陸上競技場で開催。
昭和34人文科学研究所「研究紀要」1 号発行(体育は2 号から掲載)。図書館完成
昭和35スキー実習、菅平高原で開始。水泳実習( 馬堀海岸)で 始まる。キャンプ実習( 上高地) 始まる。(昭和39年から廃止)
昭和36スケート実習( 軽井沢) 始まる。スキー実習、燕温泉へ移転。大学院文学研究科開設。教授会、体育学専攻を学科とすることを可決。「文理学部学科増設届出書」を提出。
昭和37体育学科設置認可( 定員80 名)。体育学科「第1 回卒業論文抄録集」発行。第1 期生、文学士として卒業体育学科同窓会が発足する。(新) 陸上競技場完成。水泳実習、岩井海岸へ移転。第11 回大学体育協議会研究大会を文理学部で開催(~ 23 日)。体育学科学術研究発表会はじまる
昭和38第2期生、体育学士として卒業体育学科入学試験科目に「体育実技」が加わる。教育課程を改訂、管理B を含む2類課程新設。卒業論文に代わる論文演習を新設。1年クラス編成が学科単位となる。
昭和39体育課跡に学生会館( 現サークルセンター) 完成。新体育館( 学生ホールを含む) 完成。日本体育学会第15 回大会を文理学部で開催。東京オリンピック大会で遠藤専任講師、早田体育助手優勝・
昭和40「桜門体育学研究」第1集発行。大学院教育学専攻に体育学コースを開設。櫻丘高校プール落成。松井三雄教授、日本学術会議会員に最高位当選。
昭和41同窓会を改組して桜門体育学会を設立。
昭和42初代学科主任松井教授定年退職
昭和43スケート実習、富士急ハイランドへ移転。文系( 体育学科をのぞく) 入学試験体育学科入学試験科目に「体育実技」が加わる。「第7回卒業論文抄録集」発行、以後発行されず。学園紛争始まり授業行なわれず。1号館バリケード封鎖。7 月本館等封鎖。自主講座を開く。自主体育祭開催。
昭和44卒業希望の4 年生に成東で集中講義。警視庁機動隊によりバリケード解除。文系入学試験を両国大講堂で実施。3 年以下授業を再開するも3 月10 日再占拠で中止。第8 期生の卒業式中止。卒業証書は個人宛郵送。バリケード解除。
昭和45木下助教授、東京大学から教育学博士を授与される。各研究室ごとに卒業式。他学部1 年次課程が廃止される。桜門体育学会第1 回指導者講習会。
昭和46平野教授、学生生活委員長となる。教科課程を改訂、体育学概論、保健学概論を1 年次科目とする。体育実技( 一般教育)を2 年次に延長。藤田助教授、東京大学から教育学博士を授与される。
昭和47体育学科定員を130 名に増加。桜門体育学会から分離して体育学科同窓会を組織する。日本大学体育祭文理学部予選。体育学科創設15 周年記念体育祭(陸上競技場)以後毎年開催。第1 回創作ダンス発表会(大講堂)。一般スキー実習、妙高高原池の平スキー場で実施。
昭和48体育学科特別実験室設置(1号館)。体育課長職に竹花主事。一般スキー実習、志賀高原高天ヶ原スキー場へ移転。
昭和49スキー実習、志賀高原高天ヶ原スキー場へ移転。入学試験( 社会系) はじまる。
昭和50日本大学統一卒業式(日本武道館)
昭和51体育学科定員を200 名に増加。日本大学統一入学式(日本武道館)。総合体育館地鎮祭
昭和52新入生校外教育を山中湖平野で開始。
昭和53「同窓会名簿」発行。体育学演習ⅡB を開設
昭和53体育実技( 水泳) を通年科目とし、海浜実習を単位外とする。「卒業論文の手引き」発行。総合体育館竣工式。日本大学体育大会で人文字を公開。
昭和54入学試験体育実技に選択種目、体育・スポーツに関する調査書を加える。
昭和55井上俊孝代表教授死去、59 歳
昭和56
昭和57学則改訂、管理課程に換えて共通選択科目を置く。卒業課題を単位に加える体育学科の選択科目を増加し、体育学演習Ⅲ を新設。
昭和58松井三雄元教授死去、86 歳。古橋広之進教授、紫綬褒章を授与される。
昭和59キャンプ実習( 尾白の森) 再開
昭和60平野平三、濱田靖一、鈴木克也元教授、名誉教授の称号を受ける
昭和61体育学科創設30 周年記念事業実施を決定。附属高校推薦入学体育学科出願資格にスポーツ競技力優秀者を加える。
昭和62第5 実験室( シールドルーム) 完成。「論文の手引き」発行
昭和63体育学科創設30 周年記念祝賀会
平成日本大学創立100 周年記念式典挙行。米国・ウィスコンシン大学マジソン校との国際会議。
平成2
平成3文理学部創設90 周年記念式典挙行
平成4
平成5
平成6辻村恂元教授死去、69 歳。吉田清元教授死去、94 歳
平成7「海外実地研究Ⅰ 」実施
平成8遠藤幸雄教授、紫綬褒章受賞記念祝賀会。米国・ウィスコンシン大学マジソン校との国際会議(2回目)
平成9「海外実地研究Ⅰ 」実施 2 回目
平成10体育学科創設40 周年記念祝賀会。平野平三名誉教授死去、91 歳
平成11
平成12
平成13文理学部創設100 周年。100 周年記念講堂兼体育館完成祝賀会。第30 回実習体育祭。第30 回創作ダンス発表会( 場所:大講堂【最後】) 。第1 体育館、大講堂取り壊し(跡地に新図書館)
平成14早田卓次教授、紫綬褒章受賞記念祝賀会
平成15第31回創作ダンス発表会( 場所:100 周年記念館ステージ【最初】)
平成16新図書館完。成田邊英夫助教授死去、60 歳。鈴木克也名誉教授死去89 歳。冬季指導者研修会30 回記念誌発行
平成17
平成18篠竹幹夫元教授死去、73 歳
平成19体育学科創設50 周年記念祝賀会
平成20
平成21